オープン・ウォターコースの概要

ダイバー参加前条件 (下記の書式の提出が必要です)

免責同意書 (日本の場合はPADIコースの危険の告知書)

病歴/診断書

安全潜水標準実施要項了解声明書

取得可能年齢

10歳以上

注意: 10〜14歳のダイバーはジュニア・オープン・ウォーター・ダイバーの認定になります。 


認定条件  以下1~4の項目を終了


1、知識開発  クイズとファイナル・エグザムを含めて、5つの知識開発セグメントの修了。    

  ・ PADIオープン・ウォーター・ダイバー・マニュアルを事前にお渡ししますので、

 自主勉強を行っておいて下さい。

 ・ エグザムの前にビデオを見たり、マニアルの問題を解いたりしながら覚えて頂きます。

  ファイナル・エグザム 


2, 限定水域  限定水域ダイブ1〜5を修了。 



3, 水中能力の必要条件を満たす。

  オープンウォーター・ダイブ2の前に、水泳具を使用せずに10分間の立ち泳ぎ/フロートを行なう

ことによって、足がつかない深さの水面に落ち着いて浮いていられることをデモンストレーションする。

認定を受ける前までに、水泳具を使用せずに200メートルの距離をノンストップで泳ぐか、

マスク、フィン、スノーケルを使用して300メートルを泳ぐという課題を修了する。

   ※(コンディションによっては保護スーツを着用してもよいが、その場合にはウエイトをつけて中性浮力をとる。)


4, オープンウォーターダイブ1~4を修了。